読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひみつのたいわん

(台湾旅行お役立ち情報・C-POP・雑貨など)

台湾で「檳榔(ビンロウ)」に挑戦

以前、夜市で檳榔を買ってみました。

檳榔とは、ヤシ科の植物で、少量の石灰と一緒に噛むと軽い酩酊感が得られるという台湾でポピュラーな嗜好品(噛みタバコのようなもの)です。

男性客を得るため、セクシーなお姉ちゃんが売ってる場合もあるそうですが、わたしが檳榔デビューをしたのは気の良さそうなおばちゃんがやってる屋台でした。

f:id:hmttw:20160704202935j:plain

f:id:hmttw:20160704203230j:plain

試してみたかっただけなので、一番小さな特小包(30元)にしました。

f:id:hmttw:20160704203424j:plain

(肝心の中身を撮り忘れてしまいました)

 

噛み方がわからなかったのでおばちゃんに教えてもらいながら初挑戦。

噛んで最初に出てくる汁は捨てます。(おばちゃんがコップをくれたのでコップに捨てました。)赤い身体に良くなさそうな汁でした。

草っぽい、青臭い匂いがしました。

その後、繊維を噛んでると身体がじんわりして頭がぼーっとして酩酊状態がやってきます。

タバコというよりも、アルコール度高めのお酒を飲んだ時の感覚に似てるかな。

8個ぐらい入ってたけど3個で飽きました。

お酒の方が気軽に酔えて好きだけど、また機会があったら檳榔に再チャレンジしてみたいです。

 

ランキング参加してます!

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村